『ヒトラーに屈しなかった国王』

『ヒトラーに屈しなかった国王』

国王のひとことが少年兵の心をつかんだ

『ヒトラーに屈しなかった国王』

(C)2016 Paradox/Nordisk Film Production/Film Väst/Zentropa Sweden/Copenhagen Film Fund/Newgrange Pictures

【あらすじ】
1940年4月9日、ノルウェー国王ホーコン7世(イェスパー・クリステンセン)にナチス・ドイツ軍がノルウェーへ侵攻したことが伝えられる。ヒトラーの命を受けたドイツ公使(カール・マルコヴィクス)は無抵抗での降伏を求めるが、ノルウェー政府は拒否。国王は家族を連れて、政府閣僚とともにオスロを離れる。オラフ皇太子(アンドレス・バースモ・クリスティアンセン)は政府がドイツに立ち向かわないなら、国王が立ち上がるべきと主張するが、国王は国政への介入は無用な軋轢を生むと諭す。一方、ドイツ公使は国王との直接交渉をノルウェー政府に求めてくる。国王は政府の意向を汲んでドイツ公使と対峙し、国家としての決断を伝えた。

【みどころ】
本作はナチス・ドイツから降伏を迫られたノルウェー国王ホーコン7世が歴史に残る重大な決断を下した運命の3日間を描く。
ノルウェーは以前、スウェーデン国王がノルウェー国王も兼ねていた。しかし、国民投票で完全な独立を決め、国王として迎えられたデンマークのカール王子がホーコン7世として即位する。そのため民意の上に成り立つ王室であることを常に意識していたことが作品からも伝わってくる。ドイツから攻撃を受け、内閣が総辞職を申し出ると、「国民に選ばれた以上、どんな状況下でも投げ出すな」と叱咤する。逃亡先で少年兵から「すべては国王のため」と敬礼されると、「祖国のためだ」と言い聞かす。ドイツ公使との交渉を終え、閣僚たちに国王としての意思を伝えるが、そこでも国民の総意という基盤は崩さない。このぶれない国王を演じているのは「007」シリーズのミスター・ホワイト役で知られるイェスパー・クリステンセン。毅然とした態度で演じ、顔に刻まれた数々のしわの奥に、口に出さずにこらえてきた思いが染み込んでいるように思えた。

『ヒトラーに屈しなかった国王』
12月16日(土)、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
監督: エリック・ポッペ
出演: イェスパー・クリステンセン、アンドレス・バースモ・クリスティアンセン、カール・マルコヴィクス
配給: アット エンタテインメント
© 2016 Paradox/Nordisk Film Production/Film Väst/Zentropa Sweden/Copenhagen Film Fund/Newgrange Pictures
公式サイト:http://kings-choice-jp.com/