『ギフテッド』

『ギフテッド』

未来ある才能を損なわず、健やかに育てるには?

『ギフテッド』

©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

【あらすじ】

フロリダに住むフランク(クリス・エヴァンス)はボート修理で生計を立てながら、6年半前に自殺した姉の遺児メアリー(マッケナ・グレイス)を育てている。7歳になったメアリーは小学校に入るが、早々に問題を起こす。著名な数学者だった姉の才能を受け継ぎ、数学の天才的な能力を持っているため、簡単すぎる算数の授業にイラついたのだ。校長はメアリーを特別な教育をする学校へ転校させるようフランクに勧めるが、フランクは頑なに特別扱いを拒む。メアリーに普通の暮らしを求めていた姉の遺志を守るためだった。そこにメアリーの才能を知った祖母イブリン(リンゼイ・ダンカン)が現れ、大学で学ばせようとする。メアリーの親権をかけて、祖母対叔父の裁判が幕を開けた。

【みどころ】

環境は子どもの成長に大きな影響を及ぼす。できるだけいい環境で育てたいと思う親は多いだろう。では、いい環境とはどんな環境なのだろう。
本作ではギフテッド(贈り物をもらって生まれた子)と呼ばれる生まれつき高度な知的能力を持つ子どもを巡る子育てについて描かれている。フランクと姉はメアリーと同じギフテッドであり、母親から特別教育を施されていたことが察せられる。フランクは姉の遺志だけでなく、自身の経験からメアリーに普通の学校での生活を望んだのだろう。一方、母イブリンはイギリス・ケンブリッジ大学で数学の研究をしていたが、結婚を機にアメリカに移り、研究を諦めた。フランクもイブリンも自分が送れなかった生活をメアリーに与えようとした点では違いがない
自分が歩まなかったもう一つの人生はよく見えるもの。子どもにとって本当に必要なものは何なのか、見極めるのは難しい。ギフテッドのメアリーは特別な例かもしれないが、普通の子の親であっても、その視点を忘れないようにする気持ちは大事だと思われる。

『ギフテッド』
2017年11月23日(木・祝) 全国ロードショー
監督: マーク・ウェブ
出演: クリス・エヴァンス、マッケナ・グレイス、リンゼイ・ダンカン、ジェニー・スレイト、オクタヴィア・スペンサー
配給: 20世紀フォックス映画
©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
公式サイト: http://gifted-movie.jp/