華麗なる2人-ミセス・コップ2- ★★★☆☆

全20話

久々のキム・ボムが、サイコキャラで奮闘!韓国で人気の刑事ドラマのシリーズ第2弾。今回のミセス・コップは、キム・ソンリョンが演じている。6年前に起こった事件の証拠隠滅をめぐり検事の夫と別居中の刑事、コ・ユンジョン。一人息子と父親の3人暮らし。過去の事件をひきずりながら、彼女が配属されたのは強力1班チーム長の職。数々の事件を粘り強く解決していく。
やがて関連性のないはずの複数の事件が、6年前の事件とともに実は連続殺人事件であったことに気づき、容疑者としてELキャピタル代表のイ・ロジュン(キム・ボム)にたどり着く。

過保護な育ちのせいか、完全に頭がいってしまっているロジュン。彼を演じるのが「花より男子」のキム・ボム。最近の出演作は、アクションよりの役が多くて、男っぽい面をみせているけれど、今回はまた飛びぬけたイカレ男子。彼のクールな顔立ちもあって、しっかりサイコキャラがハマってました。

いくつかの事件を解決しながら徐々にロジュンに迫っていく過程と、ロジュンをガンジガラメにしていく過程が見どころでしょう。
ロジュンの警護役でもある常務理事のおじさんが、完全な無表情で冷酷なキャラ。そんなおじさんが何故かロジュンには優しい。ラスト近くでロジュンを何とか逃がそうと必死に戦うおじさんに、ちょっとホロッときてしまった。悪人なんだけど、、、。過保護にロジュンをかわいがる母親の最後の選択にもジーンとくるものがあった。決して、幸せとはいえない彼女の母として女としての人生にもホロッときます。

全体的に大きな盛り上がりを感じるドラマではないけれど、キム・ボムの演技とベテランのキム・ソンリョンのがんばりで最後まで引っ張られて見ちゃいました。