パパはスーパースター!? ★★☆☆☆

全16話

前向きに生きることと、ダメダメカップルの成長を描いたラブコメ。

野球選手のリハビリコーチ、ハン・ヨルを演じるのが大人の魅力のイ・ドンゴン。まさかのダサキャラ。
元カノに振られた過去を引きずっている、無骨な男。ダサいドンゴンがかっこよく見えるのは、見どころの一つ。
そして、ヨルをふった女がイ・ユリ演じる女医のチャ・ミレ。
この女優さん、「私はチャン・ボリ」のミンジョンよ!ミンジョン!!最強の悪女を演じた彼女が、今度はチャーミングでかわいい女性を演じているのだけれど、ちょいちょい顔を出してくるミンジョン!(笑)。役のイメージが強烈すぎるのは、俳優さんも大変だ!!

ミレは、シングルマザーとして平凡に幸せに暮らしていたのだけれど、
ある日、、、、余命宣告。
でたよ、出ました。韓流得意の余命宣告www
自分がいなくなった後の娘を気遣い、なんと元カレのヨルに偽装結婚を申し出る。
そして、奇妙な同居生活。
ヨルは、ミレに未練たらたらだから、何とか偽装を本物に変えたいとがんばるわけですが、ミレが出した課題は、娘のサランに「パパ」と言われるようになること。子供の扱いもわからないヨルの奮闘が始まるのです。

いつものことですが、韓流ドラマに登場してくる子役は、みな上手い。
本作のサランを演じる女の子も、しっかりした演技で素晴らしい。

見どころは、もちろんヨルとミレのラブ物語ですが、ヨルと父親との確執をミレとサランの存在が中和剤になっていく課程も面白い。
更に、ヨルに片思いの女医ファン・ジの恋の行方。演じているのは韓国版小雪の香りがするソ・イェジ。
物静かに見えるイメージで、少々飛んだキャラを演じているのが面白い。
一方、ミレに思いを寄せるのが後輩医師のウヒョク。
このドラマは、脇に極端なイジワルキャラが存在しないのも特徴かな。
だからなのか、物語の山場が緩やかなのが、少々物足りない感じ。

ラストには希望を残しているけれど、それも「うーーん」?!

突き抜けた感動がなく、★は2つにしておきます。