美女の誕生 ★★★☆☆

rental_JKT

全21話制覇

チュ・サンウクのツンデレが際立つラブコメ。課長以上の役職が似合う男でもあり、メロウな雰囲気も上手いイケメン韓流スター、チュ・サンウク。彼の代表作といえば、「冬の鳥」と「ジャイアント」かなぁ。恋に破れた切ない男を演じたら右に出るものなし。本作では、子供の頃に爆発事故で親を亡くして孤独に育ったハン・テヒを演じる。ある日、彼の元に転がり込んだおデブでブスな女、サ・グムラン。結婚8年目にして夫に浮気され、夫に殺されそうになった専業主婦。彼女は夫とその女への復讐のため、ハン・テヒを整形外科の医者と間違い、全身整形で自分を変えてくれと頼みこむ。そして他人の身分を使って、彼女はサラとして、別人として生まれ変わるのです。サラの復讐相手である夫、イ・ガンジュンのお相手は、ハン・テヒが思いを寄せる女性・チェヨン。何とか2人の結婚を阻止したいテヒとサラが手を組み、妨害作戦開始!!物語の中盤までは、コミカルな展開で進みます。そして中盤あたりでテヒとサラがお互いを意識し始め、お互いの気持ちに気づき始めるのです。自分の気持ちを否定しようとするテヒ。サラは整形美人で偽物だから・・・。この辺りのテヒの心情の描き方が面白い。理想通りの美女サラが、昔のデブでブスなグムランだったら好きと言えるのか?!人を好きになるのは、外見か?内面か?そんなメッセージを盛り込もうとしているのはわかるけれど、結局は美女にならなければテヒはサラを好きにならないのは明らかなのでは?!内面が美しければ好きになれると言いきっていないところが、リアルというか正直な描き方です。そして後半からは、テヒの本当の姿が明らかになり、元夫とチェヨン、そしてテヒの宿敵ハン・ミニョクの執拗な妨害と脅迫の連続が・・・。悪役が際立つほどに面白い韓流ドラマですが、本作の悪役は少し中途半端と言えなくもない。チュ・サンウクのコミカルな演技と3年ぶりにドラマに復帰したハン・イェスルのがんばりぶりに注目のドラマです。サラだけに、サラっと見てください。

出演:チュ・サンウク ハン・イェスル チョン・ギョウン ワン・ジヘ ほか