映像の発見=松本俊夫の時代
ドキュメンタリー

映像の発見=松本俊夫の時代

追悼・松本俊夫 劇場初公開作品

10年に及ぶ撮影を経て紡ぎ出された“ロゴスとカオスの人”=松本俊夫。映像作品の引用と作品の関係者や時代を象徴する批評家への膨大なインタビューによって、その全貌が語られる。松本の怜悧な批評眼と卓越した論理性が、その破壊的な前衛感覚と混沌とした官能性の間でせめぎ合う!!――その狭間で揺れる、眩暈のような700分間の記録。

  • 映像の発見=松本俊夫の時代
  • 映像の発見=松本俊夫の時代
  • 映像の発見=松本俊夫の時代
  • 映像の発見=松本俊夫の時代
  • 映像の発見=松本俊夫の時代
  • 映像の発見=松本俊夫の時代
  • 映像の発見=松本俊夫の時代
  • 映像の発見=松本俊夫の時代
  • 映像の発見=松本俊夫の時代

12月9日 (土)シアター・イメージフォーラムにて公開

DATA
監督:筒井武文/日本/配給:ダゲレオ出版/(C)1969 Matsumoto Production
今すぐ投稿する!