エゴン・シーレ 死と乙女
恋愛

エゴン・シーレ 死と乙女

エロスとパッションを描き、28年の生涯を駆け抜けた天才画家。4人の女性との愛の物語が今、明かされるー

第一次世界大戦末期のウィーン。表現主義を代表する天才画家エゴン・シーレ。時を遡ること、1910年。美術アカデミーを退学したシーレは、同世代の画家仲間と“新芸術集団”を結成、16歳の妹ゲルティの裸体画で頭角を現していた。そんな時、ヌードモデルのモアと出逢う。褐色の肌を持つエキゾチックな彼女をモデルにした大胆な作品で一躍、脚光を浴びるシーレ。その後、赤毛のモデル、ヴァリを生涯のミューズとして数多くの名画を発表。幼児性愛者という誹謗中傷を浴びながらも、シーレを時代の寵児へとのし上げていく。しかし、第一次世界大戦が勃発。シーレとヴァリの関係も、時代の運命に翻弄されてしまう──。

1月28日 (土)Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国順次公開

DATA
出演:ノア・サーベトラマレシ・リーグナーファレリエ・ペヒナー 他/監督:監督:ディーター・ベルナー/オーストリア・ルクセンブルク/上映時間:109分/配給:アルバトロス・フィルム/(c) Novotny & Novotny Filmproduktion GmbH/原題:EGON SCHIELE ? DEATH AND THE MAIDEN
今すぐ投稿する!