ヒトラーの忘れもの
ヒューマンドラマ

ヒトラーの忘れもの

ナチが埋めた200万個の地雷を撤去したのは、異国に置き去られた少年兵たちだった−

1945年5月、デンマーク。ナチス・ドイツ降伏のあと、ドイツ軍が海岸線に埋めた地雷撤去のため、捕虜のドイツ兵たちが駆り出されたが、その多くが10代の少年兵たちだった。彼らは爆弾処理の最低限の訓練しか受けないまま、 200万個の地雷処理のためにデンマーク西海岸へと送られる。そこで彼らを迎えたデンマーク軍軍曹ラスムスンは、ドイツ人たちを憎悪し、少年兵たちに食べ物も与えず、地雷を探させるため毎日浜辺に向かわせていた。しかし、一人、また一人と死んでいく年若い少年兵たちを見るうちに、ラスムスンは葛藤を感じるようになる…。

12月17日 (土)シネスイッチ銀座ほか全国順次公開

DATA
出演:ローラン・ムラミゲル・ボー・フルスゴールイス・ホフマン 他/脚本・監督:マーチン・サントフリート/制作年:2015/デンマーク・ドイツ/上映時間:101分/配給:キノフィルムズ/(c)2015 NORDISK FILM PRODUCTION A/S & AMUSEMENT PARK FILM GMBH & ZDF/原題:Land o f Mine Mine
今すぐ投稿する!